江戸切子の歴史と巧みな技の数々 >  ガラスの作り方

 ガラスの作り方

ガラスの作り方

昔、ガラスは大変な貴重品でした。今のように高温の炉がなかったり、素材が手に入りにくかったりして、金ほどの値段であったこともしばしばです。
古くはギヤマンと呼ばれ、漢字では義山の字をあてられた硝子は、少なくとも2000年前には日本でも焼成されていたといわれています。物質名は二酸化ケイ素。天然では黒曜石や、モルダバイト(テクタイト)として存在しています。これらは結晶を構成せず、割れると断面がギザギザになる特徴を持っています。
工業的には硝子は珪砂と呼ばれるものを主原料に作られます。
商品としてのガラスには、さまざまな種類がありますが、素材としては、ソーダガラスと、鉛ガラスがあります。他に耐熱ガラスなども素材が違うのですが、ここは割愛しましょう。ソーダガラスは窓ガラスなどに使われている一般的なガラスです。叩くと鈍い音がします。対して、鉛ガラスは叩くと軽く澄んだ音がする大変美しいガラスで、酸化鉛を24パーセント以上含むとクリスタルガラスと呼ばれます。オーストリアのスワロフスキー社、フランスのバカラ社などが有名で、その輝きは世界の王族に愛されています。
江戸切子にはこの鉛ガラスとソーダガラスを用いたもの両方がありますが、当初は鉛ガラスであったとされています。薄く黄色みがかった緑色のものだと考えられています。

「ガラスの作り方」詳細はこちら