江戸切子の歴史と巧みな技の数々 >  伝統工芸士とは

 伝統工芸士とは

伝統工芸士とは

伝統工芸士は伝統的工芸産業振興協会が行う認定試験の合格者です。江戸切子には数多くの伝統工芸士が携わり、蒲田切子など新たなデザインや、伝統の継承を行っています。伝統工芸士の資格は、当初、通商産業大臣の認可を受けていましたが、経済産業大臣の認可を経て、現在は、伝統的工芸品の継承と、振興を目指す、財団法人伝統的工芸品産業振興協会が検定を行っています。
受験資格の基準は厳しく、現在形で伝統工芸に直接従事し、原則12年以上の経験があること(井波彫刻では20年以上の経験が求められる)、産地内で活動していることが求められます。筆記試験もありますが、実情は、面接と実技にウエイトが置かれることになります

「伝統工芸士とは」詳細はこちら