江戸切子の歴史と巧みな技の数々 >  江戸切子とは > 江戸切子とは

 江戸切子とは

江戸切子とは

伝統工芸品として、人気が高い江戸切子。西の薩摩切子と並んで、日本のガラス工芸の白眉とされています。グラスや、酒器など、お酒を召し上がる人には垂涎のアイテムですが、その歴史や工程までご存じの方は少ないでしょう。

そもそも切子とは伝統工芸品のみの用語ではなく、和語でガラスにカットによる装飾を入れる技術自体、或いはカット装飾されたガラスのことを示します。切子細工とも呼ばれることがあります。
語源は硝子を削った時に出る粉。
切り粉→切り子。と変化したと言われています。
厳密な意味で言うと、バカラのカットガラスも切子に入るのです。

世界には多種多様なカットガラスがあります。その中で、江戸切子は伝統工芸品としての高い地位を築いています。

江戸切子

江戸切子は現在の東京都江東区を中心に墨田区、葛飾区、まれに埼玉県などで製造されています。
透明な鉛ガラス(透きガラス)あるいは色被せでも層の薄いガラスに正確、かつ、細かい文様を刻み込むため、輝きが凛としているのが特徴です。

西の薩摩切子も色ガラスが有名ですが、こちらは層が分厚くぼかしと呼ばれる技法があり、カットが大胆なのが特徴です。

被せの色ガラスは、赤や青を見かけることが多いのですが、紫などが伝統的な色とされています。もともとは、薄く黄色みがかったガラスそのものの色をした透きガラスに彫刻を手摺り、手磨きで施していく作り方をしていましたが、薩摩切子が一時的に廃れたことで、流れてきた職人から技術を取り入れ、被せの物を作るようになったと言われています。また、色があったほうがより切子らしいという消費者のニーズにも応えるものです。

切子の文様は、魚子、麻の葉、菊継ぎなどがあり、それ一種類、または規則に従った組み合わせをし、表面に彫刻していくものです。和服の生地にも通用するもので、江戸趣味ともいうべき独特の美意識がそこにはあります。庶民の文化がそのまま切子の様式に取り入れられたのも、江戸切子ならではの特色と言えるでしょう。

歴史的にも江戸末期に製造が始まって以来、形を変えながら、今現在も作られ続けているというところにも、伝統の重みがあるものです。
現在は東京カットグラス工業協同組合が1985年伝統工芸の認可を受け、親善大使や記念日の制定、ショールームの開設など広報に勉めています。因みに江戸切子の日は七月五日。伝統的な文様である魚子模様の語呂からつけられました。

今後の課題としては、後継者の不足、素材が入手困難になりつつあることなどがあげられています。切子の職人の徒弟制度は緻密で、今でも○○さんの生徒の××さんと何代もさかのぼることができるそうです。現在は、美術大学などにガラスコースが設けられることもあり、その生徒や、カルチャーセンターの受講生などが作成にあたっていることもあります。
作風も、伝統的なものから、モダンで時代の感覚に合わせた日常に使えるデザインまで、多岐にわたり、品も酒器から、メダル、トロフィーなど様々です。
価格はぐい飲みが数千円から数万円台まで差があり、これは、使用する素材がソーダガラスであるか、高価なクリスタルガラスであるかなどの素材の違い、文様の深さ、手作業で下地を作る宙吹きか、それともたくさん作れる型吹きかなどにもよって、左右されます。ぱっと見、素人目にはそれらの違いの判断はできませんが、手の届く範囲で自分の好みに合ったものを選びましょう。

購入は、百貨店の催事場や、東京カットグラス協同組合のショールームなどで。またインターネット通販をしているメーカーも増えてきましたので、検索してみるとよいでしょう。また、自分で切子を作れる体験講座もあるので、輝きに魅了された人は試してみたらいかがでしょうか。