江戸切子の歴史と巧みな技の数々 >  天満切子とは > 天満切子とは

 天満切子とは

天満切子とは

天満切子は大阪淀川沿いの天満で作られているカットガラスです。江戸、薩摩に比べて知名度は低いのですが、大阪はガラス工芸でも秀でた街です。戦前、東京の職人たちは、大阪に行かなければ一人前の職人ではないと言い聞かされていたというエピソードが残っています。
老舗が多く、東洋ガラス、カメイガラスといった会社もこの大阪から生まれました。明治三十六年、創業。今でも、カメイガラスなどの協力工場は多く、西のテーブルグラスの雄となっています。
大阪のカットグラスの特徴は仕上げにあります。東京のカットグラスが、弗化水素酸などの化学薬品で艶を出すのに対し、手磨きで艶を出しています。

大阪、いや、浪花のガラスの歴史は、天満天神社の前で工房を持った長崎の証人、久米(播摩屋)清兵衛に始まるとされています。今でも、大阪天満宮には、ガラス発祥の地という脾が立っています。系譜としては薩摩切子に近いものがあるとされています。また、江戸切子の功績者である加賀屋の手代、文治郎が大阪で修業もしています。大阪のガラスは江戸にも影響を与えていたのです。細工自体は、玉屋善兵衛という人物がいるぐらいですから、元は、数珠などに使う水晶玉の研磨技術を持つ人々がガラスも作っていたのであろうといわれています。水晶の研磨技術で作れる切子は単純な構成であっただろうといわれていますが、照明の良くない、ろうそくなどのちらちら光る光源の元で、鑢を当てるのですから、大変な技術であります。
江戸時代から始まった大阪のガラス工芸の質は高く、明治10年第一回内国勧業博覧会には、天満の業者が出品し、花紋賞を獲得しています。
天満と呼ばれている界隈は、淀川の傍にあり、現在は東天満と、西天満に分かれています。かつては天満組が置かれ、上方三郷として、名をとどろかせました。全国で一番長い商店街があるのもこの天満です。造幣局が本局を置き、ガラスをはじめとした関連の中小工場、問屋が軒を連ね、栄えました。
一時は、関東大震災などの影響で、景気が大変良く、江戸のガラス業者の数を大阪の業者の数が上回ったことがありましたが、第一次世界大戦の不況、第二次世界大戦の戦時統制、火災などで一時閉鎖や、廃業をやむなくする工場も多くありました。
第二次世界大戦中は、切子の職人たちも、軍事産業に徴用され、医療用アンプル、シャーレ、零戦の防弾ガラスを作らされることになり、大阪、東京共に、切子は危機に瀕します。しかし、戦時中の困難を乗り越え、残った工場は、関西のガラス産業の礎となって現在まで続いているのです。特に、東洋ガラスの前身、島田硝子、現在でも天満界隈に多くの協力工場を抱えるカメイガラスなど、東京の切子の末に負けない勢いがあります。
大阪のガラス業者の業態には特徴があり、小回りが利く小規模の工場、問屋が多く、時代に必要に応じて作るものを変えるなど、臨機応変さが目立つ、浪花らしい経営になっています。中には、終戦後、物のない時代に戦闘機の風防のガラスにカットを施し、灰皿にした気骨のある職人さんもいたのです。
江戸切子では、クリスタルガラスには、化学薬品で洗いをかけ、艶を出しますが、大阪のカットグラスは、総て、手磨きで仕上げをしています。風合いは江戸切子とやや異なるようです。
天満切子は、かつての浪花職人の気風を受け継ごうと、命名された切子です。RAUの宇良氏などが有名です。後継者の不足、サンドブラストなどの大量生産できる技法で作られた類似品、原材料価格、炉の燃料の高騰など、沢山の問題を抱えていますが、播摩屋清兵衛の作り出した天満のガラスは、今再び、輝きを増そうとしています。