江戸切子の歴史と巧みな技の数々 >  蒲田切子について > 蒲田切子について

 蒲田切子について

蒲田切子について

蒲田というと、名曲、蒲田行進曲の舞台でもある街だが、そこで作られる江戸切子は特色があり、蒲田切子として売り出されています。
蒲田はJR、京急線、東急線などが乗り入れる大田区の一帯をさします。海抜はやや低く、京急線の踏切の傍は時折豪雨で浸水することもあります。以前は撮影所があり、映画の街として有名でした。都心とはまた違った趣を見せるどこか懐かしい街です。日本最初の民間、硝子会社であった岩城硝子の工場も居を置き、数々の職人を生み出してきた街でもあります。
蒲田切子は、蒲田モダン切子、花切子、伝統模様の切子、三種類のデザインを主に作り出しています。モダン切子は、映画の街であった蒲田の物づくりの精神を受け継いで、クリエイターたちが作っている現代的なデザインの切子で、人々の関心を集めています。

江戸切子の工場は、江東区、葛飾区などに集中しています。しかし、他の区にも工場は多くあり、大田区蒲田はその一つです。現在4000を超える工場を区内に有しています。
蒲田切子の素地は、明治16年に創業した岩城硝子の影響を大きく受けています。岩城硝子は日本初の民間のガラス会社であり、現在でも耐熱ガラスなどを製造しています。三好が主な工場でしたが、蒲田にも工場を持ち、腕の良い職人をそろえていました。
蒲田切子は三種類のデザインテイストを持っています。現代的な感覚に合わせたモダンテイスト。特に蒲田モダン切子と呼ぶこともあります。命の根源である水と、魔封じとしての鏡をモチーフにした水鏡と呼ばれる文様や、大胆な曲線の作品が楽しく、美しい作品群です。東亜硝子工芸の鍋谷孝氏などが有名です。
下絵を描かずに、回転盤の上からガラスを押し当てて花や、動物を描く花切子。麦や葡萄など、自然にテーマを取ったナチュラルな作品群です。
そして、七宝つなぎなど、江戸切子が脈々と受け継ぐ伝統文様を描いた正統的な切子。大変精緻で美しい作品群です。
蒲田切子はデパートなどの催事場、または、蒲田にある工場のショップなどで実際に手に取ることができます。オリジナルデザインのオーダーメイドや、子供向けのグラスなど製品や、サービスも幅広く、切子作りの体験ができるイベントなども行っています。