江戸切子の歴史と巧みな技の数々 >  花切子について > 花切子について

 花切子について

花切子について

花切子とは、磨かないでカットをするケシという表現によって、花や、汽船、山水の模様を硝子面に描き出したものです。優美で繊細な印象からよく好まれ、今でも、それ専門の職人がいます。
あやめ、梅、菊、紅葉、唐草など用いられるモチーフは様々ですが、ルーツは、古く、江戸時代の末期には山水画を描き出す技術があったとされます。しかし、これらは、下方から器を当て、彫刻するグラヴィールという技法に近いものだったとされ、花切子とはまた違うものです。中には、上から器を当てた花切子と、下から器を当てたグラヴィール技法が混ざった作品もあります。
現在の花切子はカッチングと言われる人工砥石を使用したものが多く、極めて単純な線と面の構成で、花から帆船、果ては鳳凰まで彫り上げる見事なものです。

切子の古い記録として明治14年の内国勧業博覧会に品川工作分局の出品に何点かあったと記されています。しかし、それらはランプや街灯の火屋でした。昔のガラスは不純物が多く、泡などが混じって、今ならば不良品扱いされそうな代物であったのです。手元にとって眺める小物類に花切子が施されるようになったのは、型吹きをする際、息を吹き込みながら吹き竿をまわし、ガラスの肌を整える回し吹きが一般的になってからです。型のあとのないガラスに花切子を施した品は、高級品として人気が出、ある模様がはやると一気にさまざまな職人が真似をしたといいます。
有名なのは、米花。アメリカからの舶来品のカットガラスにこの模様があったことからこの名が付きました。
研磨した部分がすりガラス状になる花切子は、カットした後の研磨をしないでよいので、短い時間で沢山出荷出来て歩合のいい仕事と呼ばれたこともあり、一時は花切子がよく発注されるのは景気がいい時だという言葉も聞かれたそうです。
現在は伝統的なさくら、あやめなどに混じって鳳凰などの華やかなものや、現代的な意匠も数多く作られるようになり、専門の工場もあるほどです。
切子は回転盤に上から素地を押し当てて作成します。花切子の前から存在していた山水画を透きガラスに描き出した品は、下方から器を押し当ててカットを施すものでした。この技法は、エヌマヌエル・ホープトマンが伝えたグラヴィール技法によく似ています。
グラヴィールは切子と同じように、銅などの回転盤に金剛砂を付けたものをまわして、ガラスを彫刻する技法です。立体的な彫刻で、葉脈までも描き出します。下方に器を押し当てるため、上に研磨用の回転盤が覆いかぶさり、視認できないため、技術的に大変難しいとされています。ヨーロッパではガラス職人が数多くいますが、このグラヴィール工の地位は彼らの中でも上位に位置します。ランプの火屋などに大変な人気があります。その優美さに相応しく、薔薇などを描き出したものが多いのです。
イギリス人技師ホープトマンはこのグラヴィール技法を日本の伝習生(おもに品川硝子)に教えました。その伝習生の多くは、江戸切子をはじめ、現代日本のガラス工芸に大変な貢献をしています。
彫刻面がすりガラス状になるガラス技法には、もう一つサンドブラストがあります。砂を吹き付けるコンプレッサーがなかったころも、型紙の上から砂を落とすなどの方法で加工がされるなど、好まれました。現在では、切子や、グラヴィールと同じように立体的な彫刻ができるまでに機械が発達していますが、心あるメーカーは、このサンドブラスト技法による彫刻と、切子技法による彫刻をきちんと区別しています。