江戸切子の歴史と巧みな技の数々 >  蒲田切子について

 蒲田切子について

蒲田切子について

蒲田というと、名曲、蒲田行進曲の舞台でもある街だが、そこで作られる江戸切子は特色があり、蒲田切子として売り出されています。
蒲田はJR、京急線、東急線などが乗り入れる大田区の一帯をさします。海抜はやや低く、京急線の踏切の傍は時折豪雨で浸水することもあります。以前は撮影所があり、映画の街として有名でした。都心とはまた違った趣を見せるどこか懐かしい街です。日本最初の民間、硝子会社であった岩城硝子の工場も居を置き、数々の職人を生み出してきた街でもあります。
蒲田切子は、蒲田モダン切子、花切子、伝統模様の切子、三種類のデザインを主に作り出しています。モダン切子は、映画の街であった蒲田の物づくりの精神を受け継いで、クリエイターたちが作っている現代的なデザインの切子で、人々の関心を集めています。

「蒲田切子について」詳細はこちら