江戸切子の歴史と巧みな技の数々 >  天満切子とは

 天満切子とは

天満切子とは

天満切子は大阪淀川沿いの天満で作られているカットガラスです。江戸、薩摩に比べて知名度は低いのですが、大阪はガラス工芸でも秀でた街です。戦前、東京の職人たちは、大阪に行かなければ一人前の職人ではないと言い聞かされていたというエピソードが残っています。
老舗が多く、東洋ガラス、カメイガラスといった会社もこの大阪から生まれました。明治三十六年、創業。今でも、カメイガラスなどの協力工場は多く、西のテーブルグラスの雄となっています。
大阪のカットグラスの特徴は仕上げにあります。東京のカットグラスが、弗化水素酸などの化学薬品で艶を出すのに対し、手磨きで艶を出しています。

「天満切子とは」詳細はこちら