江戸切子の歴史と巧みな技の数々 >  江戸と薩摩の違い

 江戸と薩摩の違い

江戸と薩摩の違い

江戸切子と薩摩切子の歴史は密接に関わりあっています。そもそも、薩摩切子の始まりは江戸切子の技術に学んだものでした。1846年 薩摩藩は江戸より四本亀次郎を招いて硝子の制作を始めます。二十数年の期間ですが、工員が百人を超えるほどに薩摩切子は繁栄します。
薩摩切子と江戸切子の作風には、歴然とした差があります。大胆な構成が特徴の江戸切子に対し、色ガラスを意識し、ぼかしや、透明な地と被せ硝子の色のコントラストを意識した繊細な技巧の光る薩摩切子。
職人の系譜もまた異なり、加賀屋九兵衛、イギリス人技師ホープトマンなどの名匠から脈脈と継がれてきた江戸切子と、四本亀次郎に端を発し、一度断絶したものの、多くの人々に支えらえて復活した薩摩切子。その両者ともに抗いがたい魅力を含んでいます。

「江戸と薩摩の違い」詳細はこちら